注文住宅なら名古屋及び愛知で新築を!安心の費用と施工でご提供します|株式会社ユニーク

wroughtiron

ロートアイアン

About WROUGHT IRONロートアイアンとは?

ロートアイアンは本来ヨーロッパの文化として発展してきたもので、日本語では、鍛鉄、錬鉄と訳されます。
ロートアイアン(Wrought Iron)の、ロート「Wrought」とは “加工した”、“細工した”という意味であり、鉄をハンドワークによって造形していく加工技術です。
 
一般的に、材料を加熱させハンマーで打ち、これを何度も繰り返し、目的の形を造形して製作したものをロートアイアンと呼びます。
 

現代においてもロートアイアンを製造する過程はハンドメイドが基本です。そのためデザインの表現と質的な価値を造り出すためにはロートアイアンに対する本質的な理解と、熟練した技術がどうしても不可欠です。ロートアイアンは基本的には日本古来の鍛冶屋職人の仕事と酷似しているため、建築と生活の装飾品として設計に取り入れることにより、生産性重視の工業品とは異なり工芸品としての趣を演出してくれます。主にヨーロッパの建築では、門扉、フェンス、階段の手すり、窓枠などに見ることができます。

History of WROUGHT IRONロートアイアンの歴史

ロートアイアンの歴史は紀元前3000年頃のエジプトから始まり、古くは主に武具として刀剣、鎧、蹄鉄などが作られてきました。
ヨーロッパ中世時代には教会、都市建造物などの装飾性を兼ね備えた実用品として使われ始め、アールデコ、アールヌーボの時代を経て、芸術、建築などの各分野に発展していきました。

Difference鋳物とロートアイアン(鍛鉄)の違い

ロートアイアン(鍛鉄)に対し鋳物は、型を作り、その型に高熱で溶かした鉄を流し込み 冷やして作るものが鋳物です。鋳物は大量生産を目的に考えられた手法で一般的によく目にする アイアン製品の多くはこの鋳物から出来ています。
本来ロートアイアンによって表現されたデザインをコピーしているものが多く出回っています。
ロートアイロンは一つ一つの部材を鍛えて造り上げ、それをハンドワークで組み立てて製造します。
デザインや寸法に応じた対応が可能であり、完全オリジナル製品を必要なだけ製造することが 製造することが可能です。

UNIQUE WROUGHT IRONユニークのロートアイアンの魅力

私たち、ユニークのロートアイアンはフィリピンの自社工場にて、鋼材の加工から塗装まで 一貫生産しております。
ですから、国内で製作している会社と比べ 比較的安価にご提供できていると思います。ただし、海外生産になりますので時間は当然かかります。また、フルオーダーになり、図面承認後に発注しますので納品までに30日から物によっては60日程度いただきます。これは船の便の関係や製作範囲上どうしてもかかってしまいます。
在庫品に関しましては、検品作業を行い、早急にお送りできるかと思います。また、ロートアイロンと同様にステンレス加工もフルオーダーになりますので同じ時間がかかります。何卒、ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

How to order お問い合わせ

まずはお電話またはメールにてお問い合わせください。建築デザインのプロがサポートいたします。

052-506-7530

電話受付時間 9:00~19:00

リノベーションハウス

お問い合わせはこちら

株式会社ユニーク

株式会社ユニーク

住所

〒452-0808
名古屋市西区宝地町365−2
渡辺ビル1F

TEL

0120-967-836

受付時間 9:00~19:00

お問い合わせはこちら

  • freedesign
  • gardening
  • interior
  • wroughtiron

CONTACT

052-506-7530

電話受付時間 9:00~19:00

ページの先頭へ